web_development

CentOS 8 から AlmaLinux へ移行後、dnf で作業中 「Invalid configuration value: failovermethod=priority in /etc/yum.repos.d/epel.repo; 設定: id "failovermethod" を 伴う OptionBinding は存在しません」エラーメッセージが出た 投稿一覧へ戻る

Tags: AlmaLinux , failvovermethod , CentOS , warning , dnf

Published 2022年3月6日17:28 by T.Tsuyoshi

今更ですが、CentOS 8 から AlmaLinux へ移行しました。
2ヶ月もの間セキュリティ上の危険を放置しておりました...

さて、移行作業後、dnf を利用してインストール作業等を実行しようとした際、次のような警告 (warnings) が10個ほど表示されました:

Invalid configuration value: failovermethod=priority in /etc/yum.repos.d/epel.repo; 設定: id "failovermethod" を 伴う OptionBinding は存在しません


dnf で何らかの作業を行うたびに必ず表示されます(作業自体はできました)。

警告メッセージをちゃんと読むと、対象 repo ファイルの中に記述されている failovermethod=priority という設定が悪さをしているようです。

対処方法:
対象 repo ファイル中の failovermethod=priority と記述されている行をすべてコメントアウトする。

failovermethod=priority

# failovermethod=priority


これで解決しました。

この投稿をメールでシェアする

こちらの投稿にも興味があるかもしれません...

    ご興味のある同分野を扱った他の投稿は今のところありません

0 comments

コメントはまだありません。

コメントを追加する(不適切と思われるコメントは削除する場合があります)